こんばんは、俵孝太郎です2014年09月04日 23:46

本の整理をしてたら、俵孝太郎さんの本が出てきた。
最近お顔を見なくなってきたが、昔はニュース番組の司会者として「こんばんは...」で有名で、いろんな人にモノマネされていた。
一流のニュースキャスターである俵さんはクラシック音楽のファンでもあって、音楽の本を何冊も執筆されている。
もう処分してしまっていてその記事があった本は持ってないのですが、NAXOSレーベルの収集にかなり力を入れておられたはずだ。
昔のNAXOSは、あまり有名でない演奏家を使い、安いけれど質の高い、そして何より百科事典のような「どんな曲でもある」で有名だった。
今でもそう?
俵さんの本の中の写真には、壁一面のCDラックにNAXOSのCDが整然と並んでいるようすがあったと思う。
見事だった。
CDの背は同じデザインだから、ものすごい数のCDが整然と並んでいるさまは圧巻だった。
ああいうのに私はあこがれる。
演奏の好き嫌いは置いといて、古今東西、どんな曲でもすぐ聴けますよ...というのは実に優雅な心持ちだろう。
俵さんのものに比べれば、私のコレクションは足元にも及ばない数だが、それでも買ったまま聴かずにビニール袋に入りっぱなしのものがある。
NAXOS収集に興味はあったけど、お金や収納の問題より何より、「聴く時間」が最大のポイントだ。
俵さんにしても、膨大なコレクション...仮に1万枚持っていたにせよ、聴く時間はさほどあるまい。
1日2枚聴けても5,000日、10年以上かかる。
新しくコレクションが増えない前提でも、とんでもない。
しかし心は優雅なのだ。
なんかうまく説明できないけど、私はそこにあこがれる。

今NAXOSは2,000円弱の月額で音楽をネット配信している。
CD1枚の金額で聴ききれない数の曲を「持つ」ことができる。
俵さんはまだ「モノ」としてのCD収集をされているのか、早々とネットに移行されているのか存じませんが、どちらにせよ熱い思いで「収集」されているのかなと思います。

定年退職したらNAXOS会員、良いかもしれません。

巨人2014年07月09日 17:48

「読売」ではございません。

愛知県支部長さんがご自身のサイトでフィラデルフィアoの「巨人」についてミニコメントを寄せておられますが、私も録ったもののちゃんと見ていません。
でも、tubaのソロのとこだけは見ました。
キャロルちゃんだ。
おいおい、いつまでキャロルちゃんだ!!
...は、置いといて。

C管で吹いてる。
実に繊細な音で吹いてる。
裏声奏法である。
これはシカゴ教的奏法とは真逆の奏法であるが、これはこれでとても美しい。
他のff部門はどうなっているだろうか、楽しみである。

安西マリアさん逝く2014年03月16日 21:59

「ギ〜ラギ〜ラ太陽が〜」でお馴染み...というか、その印象だけが全くもって強いマリアさんでしたが、突然の訃報でありました。
数日前に「倒れた」というニュースが伝わってきましたが、まだ60歳、何という若さでしょう。
芸能人ゆえ訃報のニュースはインパクトをもって伝えられますが、ここのところそんなニュースが多いような。
私が若い頃は大先輩のニュースばかりでしたが、この頃は随分と自分に近い人達のニュースも増えております。
年をとりました...。

チャイ52014年02月02日 22:18

今まさにEテレでN響のチャイ5放送中。
2楽章のホルン(福川氏)の素晴らしさ‼︎
日本人のレベルもここまできたぞ。
しかし、しかし、最後の最後に...。
う〜、惜しい‼︎

Speaker's Corner2014年01月24日 17:39

タワレコのページにこんなものが...

シカゴsoファンなら、まぁ、別に珍しくないですよね。
しかし、金額を見てびっくり!!

もはや古くなったが、「じぇじぇじぇ」である。
どうやら"Speaker's Corner"なるドイツのアナログメーカーらしい。
少し買ってみたい気もするが、いや、高すぎるな。

マエストロ・アバド逝く2014年01月21日 19:42

80歳...。
我々一般人の感覚とすればもはや「老人」とされる年齢かも知れませんが、こと世界的指揮者となれば、さてこれからがいよいよ超名演を期待できる年齢...大変残念です。
われらシカゴ教にも多大なる影響を与えてくれた名指揮者でありました。
シカゴsoとのマーラーやチャイコフスキー...マエストロ・ショルティの演奏記録と共に今後も大切に聴いていきたいと思います。
合掌。

エンパイア・ブラス2014年01月18日 10:43

PJBEのCD聴いてたら、ふと思ったのですが、最近「エンパイア」の名前きかないなぁと。
こっちのアンテナが下がっちゃってるだけか?
ネットでHPを探すとメンバーの写真に3人しか写っていない。
英語のページだったので読まずに出てきちゃいましたが、ハテ...?
ピラフィアン氏がいる頃のエンパイアは大好きだったのですが、最近CDにも接してないし、久しぶりに聴くか...。