下半期2014年07月01日 05:58

7月に入った。
今年も半分過ぎたわけだ。
年をとるとはこいうことか、あっという間に時間が過ぎていく。
いや、「時間がたつのが遅いなぁ」と感じる、しょうもない仕事なども多いわけだが、振り返ると矢の如しである。
サッカーはとっくに負けたし、ロッテはもはや優勝できる位置からは程遠いし、音楽をじっくり楽しむ気持ちになれる秋の前に猛暑がやってくるし...といいつつ毎日が過ぎていってしまうのです。

御当選2014年07月03日 04:13

拙宅はA新聞を購読しているわけですが、月に一回「購読者プレゼント」のチラシが入ってきて映画館や美術館の入場券などが抽選でもらえる。
野球の開催時期はQVCマリンの券もある。
昨日ポストに「御当選」と書かれた封筒が入っていて、御当選した。
年に1〜2回は当たってる気がする。
あまりハガキ書く人がいないのだろうか...。


ひとり2014年07月04日 06:14

オールスターゲームのメンバーが発表されたが、ロッテからは監督推薦の鈴木大地一人だけだ。
いや、去年リーグ3位だったから伊東監督がコーチとして入ってる。
ベンチには計二人だ。
鈴木大地もそんなに活躍してるわけでもなく、誰もが知ってる人気選手でもないわけで、きっと「ロッテゼロじゃマズイだろ」と選ばれたに違いない。
オールスターのメンバーは実力と人気のバロメーター。
球団関係者は不調続きの選手が多い中で「これで球宴中は休ませられる」などとのんきに考えている場合じゃない。
たかが球宴と侮るなかれ。

エラー負け2014年07月07日 05:42

昨夜は「御当選」したチケットでマリンへ行ったのですが、なんとも情けない負け方でありました。
3つのエラーがすべて失点に絡むという、気が抜ける内容。
草野球である。
延長11回までの長い試合でしたが、疲労は3倍だ!!
自分でお金出して買った券じゃなかったのが、せめてもの救い。


巨人2014年07月09日 17:48

「読売」ではございません。

愛知県支部長さんがご自身のサイトでフィラデルフィアoの「巨人」についてミニコメントを寄せておられますが、私も録ったもののちゃんと見ていません。
でも、tubaのソロのとこだけは見ました。
キャロルちゃんだ。
おいおい、いつまでキャロルちゃんだ!!
...は、置いといて。

C管で吹いてる。
実に繊細な音で吹いてる。
裏声奏法である。
これはシカゴ教的奏法とは真逆の奏法であるが、これはこれでとても美しい。
他のff部門はどうなっているだろうか、楽しみである。

準決勝2014年07月10日 17:27

ワールドカップ準決勝2試合が終わった。
途中から緊張感も何もなくなった試合と、最後の最後までピリピリした試合という対照的な感じだった。
自分的には決勝はブラジルとアルゼンチンかなと思ってたんですけど、何とブラジルがあの悪夢のような試合で大敗、ドイツvsアルゼンチンという、まぁこれも大変面白そうな試合になった。
私はメッシの華麗なるプレーを期待します!!

さて、今回の大会は地球の真裏ということで時差12時間、準決勝は朝5:00だから早起きすれば問題なし、見終わってから出勤でOKという割といい感じです。(オランダvsアルゼンチンは延長&PKになっちゃったからダメでしたけど)
地球をひっくり返して考えると、ブラジルでは17:00から試合が始まっているのか。
お客さんたちは1時間前くらいにはスタジアムにいるんだろうから、毎日16:00にはあそこで盛り上がっているのでしょう。
ブラジルの試合があるときは仕事とかどうなっている?
ラテンタイムか?
ワールドカップ特別祝日か?
...などと考えてしまいます。
日本だったら18:00か19:00スタートでしょうね。

決勝は月曜の朝4:00。
頑張りましょう。

山水電気破産2014年07月17日 05:42

最近目にしていなかったとはいえ、ショックであります。
学生時代には憧れのメーカーであって、私も黒いプリメインを一時期使わせてもらっていました。
「黒いアンプ」など、今や珍しくもなんともないのですが、昔はサンスイの代名詞であったような印象があります。
プラスチックの安っぽい黒でなく、見ただけでズッシリと重みを感じるその顔を見ているだけで、「いい音がするに違いない」と思わせました。

今の「オーディオ」という趣味は、私が学生時代に接していたものと大分姿が変わってしまいました。
(オーディオに苦悩する少年の姿はこちら>>)
ヘッドホンて聴く音楽が主流になったり、映像付きが当たり前になったり、ネット配信で音楽を購入するのが普通になったり...。
LPレコードを買う十分なお金がなく、FM誌の番組表に朱を入れて曲目をチェックし、自分的にベストな状態でエアチェック(死語?)に臨む...。
お金がないけど、あのドキドキ感はまさに「趣味」の王道でありました。

今、オーディオを趣味とする人って、どれくらいいるのでしょう?
国内外を問わず、目の玉の飛び出るような金額の機器を扱っているメーカーはまだまだたくさんありますし、専門店も昔ほどではないけど健在です。

逆に5万円のアンプ+3万円のCDプレーヤー+10万円のスピーカーで選ぼうとすると、結構限られる気がします。
もし、そういった昔風オーディオに興味があっても、例えば学生だったら選択肢がほとんどなくて気持ちも盛り上がらないでしょうね。
...と考えると、まぁいい時代を過ごせて良かったなと。

最後に、SANSUI ありがとう!!

眠れる森の美女2014年07月22日 06:22

昔のディズニー映画であります。
今さら...ですが、今度「マレフィセント」を見たいと思っているので、まずは本筋のところを確認です。

続きはこちら>>